seikatu-chie.com

生活をいまよりちょっとだけ楽しくしたい。そんなお手伝いができたらステキやん。

子供に食べさせたくない食べ物ってある?食育の大切さが分かると子供はきっと幸せになる

      2016/04/11

関連記事

子供の弁当に冷凍食品を使うのはアリかナシか?保育園弁当での禁止について

子供が食べ物をのどに詰まらせた時の緊急対処法!原因はあなたのせいかも

よだれが多い原因と理由!赤ちゃんのよだれかけはいつまで必要なの?

あなたのお子さんの好きな食べ物ってなんですか?僕の息子はフライドポテトが大好き!食卓にいろんなものが並んでいても、ひたすらフライドポテトを頬張り満足げな表情を浮かべますw子供が一生懸命に食事をする姿ってとってもかわいいですよね♪

大切な子供だからこそ健康に直接的にかかわる「食」には気を付けたいもの。それが大切な子供を思う親心というものではないでしょうか?今では、難しい調理を必要としないインスタント食品が数え切れない程多く出回っています。

でもそれで本当においしくて楽しい食事にすることってできるんでしょうか?惣菜やレトルトも簡単でおいしいけれど、なんかちがうんだよなと思っちゃう今日この頃。この機会に子供の食育について一緒に考えてみませんか?

スポンサーリンク

 

成分表示もあてにならない世の中

僕の息子は来月で2歳になります。今ではいろんなものを食べるようになってきました。小さい体に摂り込まれる食品だからこそ体に悪いものは食べさせたくないと思っています。なかには子供の食にまったく気をつかわない家庭も存在していますよね?

子供にはいつも冷凍食品や、レトルト食品ばかりを与えるような親。個人的には、「子供の食を真面目に考える親=子供のことを大切に想う親」という等式が成り立つと確信しています。

しかし、それは決して「国産のものしか与えない!」「鶏肉はブラジル産のものは買わない!」「オーガニック食品を使ってる!」といった偏った考え方をしましょうというものではありません。質素な生活を送っている我が家にとって安い食材は欠かせないものですからw

その家庭によって食材を選ぶ基準というものが存在していると思います。僕はできるだけ冷凍食品や、野菜と肉を入れるだけで簡単にできるレトルトパウチなんかは、与えたくないなと思っています。どうしてもそういった食品には保存料や化学調味料が含まれていますよね。

パッケージの目立つ部分に「保存料不使用」「着色料不使用」なんて書かれていても、それは結局、消費者の購入意欲を掻き立てるためだけに表記されただけで、それ以外の香料やPH調整剤なんかは当たり前のように使われているのが現実。

「うちの商品は安全ですよ!そこの奥さん!」ってアピールしなきゃ誰も買ってくれない世の中です。偽装表示だと言われない程度に努力しているのがパッケージのキャッチコピーと成分表示からもしっかりと伝わってきます。

 

 

親として子供に食べさせたくない食品

パパである僕が子供にできるだけ食べてほしくないなと感じる食品はコレというものを集めてみました。子供も大きくなればいろんなものを自分で買って食べてしまうのであまり気にしすぎるのもどうかと思うけれど、小さいうちは親である僕がすこしでも選別してあげないとという使命感ですw

 

⒈ 植物性油脂

子供にはできるだけ手作りのケーキを食べさせるようにしています。その時はもちろん動物性油脂の生クリームを使用。ケーキ屋でもコスパとあっさりした味にするために添加物を多く含んだ植物性を使うことが多いので安いケーキなんかは避けてます。

 

⒉ マーガリン

できるだけバターを使用するようにしています。マーガリンは発がん性物質の塊!みたいな噂もあります。僕自身マーガリンはパンに塗る以外は多用しません。料理も製菓もバターでしか出せない独特の風味があり、マーガリンでは風味の代用は務まりません。

 

⒊ 惣菜パン

ソーセージが入ったパンとか、コロッケが入ったパンが常温で一週間も保存が効くと考えるとおそろしくないですか?本当は食パンなんかもできるだけパン屋さんでちゃんとしたものを購入したいんですが、薄給な僕の情けないところですw

 

⒋ 着色料を使ったもの

個人的にパティシエの仕事でキャラケーキとか飴細工なんかの時には、仕方なく着色料を使います。でも着色料を扱う側だからこそ分かること。それはこれは絶対に食べちゃダメなものだ!ということ。基本的にお客様にお出しするときも、食用ではなく飾りですとお伝えしています。

 

⒌ 人工甘味料

最近、いろんな人工甘味料が世に出回っています。パラチニットとかパルスイートなんかを使ったお菓子もあって、糖質も少なく体に良さそうですけれど、科学的につくられた産物なので子供には食べさせたくありません。

 

 

 

子供の味覚の素直さ

子供って自分の感情にとっても素直ですよね!嫌なものは嫌!好きなものはとことん好き!というのが子供の特徴。この素直な時期の子供の味覚の発達って大人が思っているよりもずっとずっと大切なものなんです。

大人が楽をしたいからといってこの大切な時期に、インスタント食品を与え続けてしまっていると子供の成長にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。それにやっぱり一番は食から愛情を感じるものなんですよね。

小さい頃にお母さんが作ってくれた料理の味って大人になっても絶対に忘れることはありませんから。その結果自分が親になった時に、母のことを思い出して子供に受け継いでいくという「食の継承」が自然と行われます。

人間にとって食事とはただの「摂食行動」じゃないということをもっと理解せねばなりません。子供の喜んだ顔を想像しながら調理して、美味しそうに食べる子供の顔を見ながらご飯を食べるってとっても素敵なことだと思いませんか?

 

 

最後に

仕事で帰りが遅く、子供と一緒にご飯を食べることが少ない僕ですが、休日なんかに子供とご飯を食べる時は、子供が好きなものを作ってあげたい!たくさん食べさせてあげたいと思って張り切って台所に立ってしまいますw外食も楽しいし、片付けもしなくていいから楽だけれど、やっぱり食事は家族そろって家でワハハと笑いながら賑やかに食べるのが一番!

 - 健康, 育児

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

三つ子の魂百までは本当!僕が子供のために絶対に守っている三つのこと

目次0.0.1 おすすめ記事1 絶対に守りたい3ヶ条1.1 ⒈ 3歳までは怒らな …

息子が小さいクモを見つけた瞬間にとった反応がかわいい!でも複雑な気分なのはなんで?

目次0.0.1 あなたへのおすすめ1 クモを見つけた息子の反応がかわいいw2 少 …

環境の変化で子供が風邪をひいた!イベントのときに必ず風邪をひく理由

目次0.0.1 あなたへのおすすめ1 なぜ生活環境の変化で風邪をひくの?1.1 …

母の日に「いつもありがとう」の気持ちを伝えてる?あなたの母との思い出はなんですか?

あなたは母の日に「いつもありがとう」の気持ちを伝えていますか? たった一言の「い …

離乳食っていつからはじめればいいの? 離乳食の正しい進め方

目次0.0.1 あなたへおすすめの記事1 離乳食を始める5つの意味1.1 ⒈ 栄 …

なにげない休日はかけがえのない時間!2歳の息子の笑顔と妻の笑い声は僕が生きている証

あなたにおすすめの記事 ・二歳の息子とひとつ下の妻と共に歩む。子供の成長で嬉しか …

鼻ニキビができる原因!汚い手でベタベタ触っていませんか?

あなたは鼻にできるニキビに悩まされていませんか? おでこにできるニキビだったらな …

妻が色気づいた!育児で疲れ切った妻のうれしい変化

目次0.0.1 あなたへのおすすめ1 突然「コンタクトに変えたい」と言った妻2 …

子供の不思議な話ってある?子供に幽霊は見えるの?幽霊はいるのか問題

目次0.0.1 あなたにおすすめ1 母が亡くなって感じたこと2 それは疲れなの? …

布団がカビ臭い…じめじめした梅雨の悩みをすっきり解消できる対策グッズを紹介

    梅雨の時期のあのジトジト蒸し蒸しとした感じって不快そ …