seikatu-chie.com

生活をいまよりちょっとだけ楽しくしたい。そんなお手伝いができたらステキやん。

ママ名刺はババ名刺!こんなの必要?待っているのはトラブルばかりの悲しい世界

   

夜中に妻にばれないように、ぱわわっぷ体操を必死に練習しているseikatu-chie.comチームリーダーぜんです!

運動神経が悪い僕ですが子供と一緒に踊って遊べるように最近「おかあさんといっしょ」のぱわわっぷ体操を練習していますwなぜブンバボンじゃないかって?

それは動きの激しいぱわわっぷ体操を踊れればブンバボンは楽勝だと思うから!まずはハードルが高い方からマスターしていきたいと思っていますwとりあえずどうでもいい前置きはここらへんで…。

あなたはママ名刺って知っていますか?保育園や小学校に入学する際にクラスメイトのママたちに配って仲良くなろうというものです。ある雑誌が取り上げたことで徐々に注目を集めてきました。僕の息子は2歳でまだ保育園にも預けていないのでこのママ名刺の存在を知りませんでした。

「VERY」の編集部の人に言いたいこんなの取り上げる必要あったの?っていう意見と、便利なのかもしれないな…という話。

 

スポンサーリンク

 

トラブルだらけのママ名刺

自分の事を少しでも知ってもらいたいと思うのは当然の事。でも過剰な自己顕示欲は正直ウザがられます。

「他のママとはちょっと違う名刺を作っちゃお♪」なんて考えは情報をどこまで載せるのが常識的かという感覚すら鈍らせてしまってまわりからの反感を集めてしまうわけです。

それにもしも渡し忘れてしまった時や、誤って落としてしまっていた場合…想像するだけでも面倒くさいですよね?なんでこう女同士の派閥というかジメジメとした人間関係がママ友同士でもあるんでしょう…。

 

 

中学生のLINE事情と変わらなくない?

最近の中学生は中学校を卒業し、新しい高校に入るまでに友達同士のグループを作ると言われています。

Twitterで同じ高校に通うことになる同級生を探し、あらかじめ仲良くなっておく!ママ名刺ってなんだかこれと似ていると思いませんか?

早い段階で自分の子供をまわりのママ友にアピールしてママとしての自分の最適なグループを必死で見つけ出そうとしているわけです。もちろんすべてがこの目的だけとは言いません。

しかし、ママ名刺を持っていない人ははじめから相手にもされないなんて本当にバカらしいですよね?だったらはじめからこんなもの禁止してしまえばいいのにという僕の意見。

 

 

ママ名刺っていうよりババ名刺

怒った方すみません…。。でも今のいい歳したママたちが小学生の頃に流行っていた自己紹介ノートみたいな感覚に近いと思うんですよね。

自分の名前、血液型、趣味、好きな人、将来の夢を書くあれです。なぜかクラスメート全員に「書いて~」って持ってくる人いましたよね?

1970年代~80年生まれの小学生の間で流行していてその時の女子が大人になった時に思いつきそうな安っぽいアイディアだと思うダメパパなんですw

もはやママ名刺っていうよりただのババ名刺だと思うわけです。これって僕だけかな?

Twitterで交流のあるsachikoさんからの情報で、今は小学校からみたい…最近の子ってすごいんですね( ;∀;)うちの子も数年後にはこんな世界に生きていくのかと考えると今の時期をもっと大切にしてあげなくては!

中学生のスマホ事情はここに詳しく書かれていますので是非♪

無知って怖い。中学生のスマホ事情。 

 

ママ名刺の便利なところ

 

でもすべてを否定するのもよくありません!実際に様々なメリットを感じている方もいるみたい。3つのメリットを紹介してみます。

 

名前と顔をすぐに覚えられる!

たしかにこれは便利ですね!顔も名前も覚えるのが苦手な人にとってはありがたい存在かもしれません。でもこれってコミュニケーションをとっていくうちに自然と覚えていくものなんじゃないでしょうか?

 

アレルギーを覚えてもらえる

子供のアレルギーを覚えてもらうためには非常に有効的な手段だと思います。なかなか口で言っただけでは分かってもらえないことも多いんですよね。これで子供の健康が少しでも守られるのなら大賛成。

 

連絡先の交換が楽に!

時間がない主婦同士がかんたんに連絡の交換を済ませることができて便利!逆に言うと、仲良くなりたくない相手からも一方的に連絡やお誘いが来たりして断りずらい雰囲気になってしまうデメリットも…。

 

 

さいごに

ネットや雑誌なんかでもいかにもママ名刺は流行っていますよ!なんて言い方はやめた方が良いと思います。実際にママ名刺が流行っていない地方の幼稚園や保育園もあるわけですからね。

それにネットでママ名刺のトラブルや悪い情報だけが独り歩きして頭から否定されてしまうことはもったいないことだと感じます。

雑誌がとり上げることなく自己紹介カードみたいな形で浸透していくのが一番だったのではないでしょうか?勝手な意見でした。それでは!

 - 育児, 雑記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

保育園に行きたくない!着替えすら受け付けない壮絶な朝の憂鬱

この記事を読むあなたへ ・なにげない休日はかけがえのない時間!2歳の息子の笑顔と …

なにが楽しくてFacebookなんてしているの?時代遅れの感性と優越感に浸る愚か者よ

だいぶFacebookも廃れてきましたね~。あれだけ毎日のように更新していた人た …

オシャレの基準!量産型のファッションでなに誇らし気な顔してるの?

最近の流行に疎いseikatu-chie.comチームリーダーぜんです!あなたは …

赤ちゃんは体温調節はいつ頃からできるようになる?気を付けるべきこと

赤ちゃんは体温調節を自分自身で行うことができません。そのため、外気の温度と同じよ …

出る杭は打たれる理由知りたい?絶望の未来を創造したのはすべてあなただった

日本の文化の悪い風習、それは「出る杭は打たれる」ということ。個性のある人間には「 …

なにげない休日はかけがえのない時間!2歳の息子の笑顔と妻の笑い声は僕が生きている証

あなたにおすすめの記事 ・二歳の息子とひとつ下の妻と共に歩む。子供の成長で嬉しか …

おいそこの営業マン!マニュアル通りで契約取れると思うなよ!だから仕事できねーんだよ

あなたにおすすめ ・大手営業マンしか知らない!訪問販売での秘密を暴露してみる ・ …

二歳の息子はまだ夜中にぐずります。大丈夫!あなたの子供だけじゃないから!

育児に悩むあなたへ ・二歳の息子がいまだにママを言わない3つの理由と原因! ・育 …

炭酸を飲むならスコール一択!日本一美味しいジュースで「乾杯ッ!」

「スコール」「スコール マンゴー」「スコール 3つの果実」3種類飲み比べレビュー …

家族の認知症介護の大変さとやさしくできないことへの自己嫌悪

「わたしはあんな人知りません」 60年以上も夫婦として苦楽を共にした祖母が祖父に …