seikatu-chie.com

生活をいまよりちょっとだけ楽しくしたい。そんなお手伝いができたらステキやん。

認知症のおばあちゃんを元気にする方法!発症して変わってきた何かを見つめてみる

   

認知症の祖母の現実に若干の戸惑いを隠し切れないseikatu-chie.comチームリーダーぜんです!口が達者でおじいちゃんのことが大好きなぼくのおばあちゃんは今年で86歳になりました。

足は不自由で自分で歩くことはほとんどできないけれど、喋ることが大好きなおばあちゃんは、いつも大きな口を開けて元気に笑っています。

そんなぼくのおばあちゃんは、今年の梅雨の時期から認知症を発症するようになりました。はじめの頃はほんの少しの違和感だったものが徐々に確信的なものに。

「おばあちゃんボケてきたんじゃない!?www」なんて冗談まじりの会話も最近では、笑いごとでは済まなくなってきています。正直、認知症がここまで大変なものだとは思っていませんでした。

自分にとって身近な存在である家族が認知症になってから、本当にいろんなことが見えてくるようになったんです。いろんなものが音を立てて崩れる瞬間も目の当たりにしてきました。

でもちゃんと向き合っていかなければならない問題です。だから決して逃げ出してはダメ。認知症を患ったおばあちゃんとの生活について備忘録として残しておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ふとした瞬間に気付いた違和感

いつも通り生活していると、ちょっとした物忘れ程度だった違和感は、時間が経つにつれ確信的なものに変わっていきます。

今では、ついさっきまでひ孫であるぼくの息子を抱きしめていたのに、「早く○○君にあいたいねぇ…元気にしてるかな?」ということを呟いたりするようになりました。

自分が命を懸けて生んだ息子の名前すら出てこない時があります。そんなときのおばあちゃんは本当に何とも言えない悲しい表情をしているんです。

それもそのはず。家族の名前を思い出せないなんて想像したことがありますか?ぼくがもし息子である自分の子供のことを忘れるような時がきたときは本当に悲しくて悔しくてたまらないはず。

そんな思いを毎日のようにしているぼくのおばあちゃんは一体どれほどの悔しい思いをしてきたんでしょうか。想像もできませんよね。

 

認知症とはどんな病気?

ぼくは認知症と痴呆症は違う病気であると解釈していたんですが、認知症とは、痴呆症の新しい呼び方みたいですね。今まで痴呆症というのが一般的だと思っていたんですが、正しくは認知症と呼ぶみたいです。

「認知症」
痴呆(症)の新しい名称。
〔旧称に差別や偏見を助長するニュアンスがあるとして,2004 年(平成 16)に厚生労働省の検討会が改称の方針を決めた〕

引用元: Wikipedia

 

 

徐々に乙女になっていく祖母

おばあちゃんは昔から厳しくプライドも高い人間でした。

でも認知症になってからのおばあちゃんは、どんな時もおじいちゃんの側を離れようとせず、孫であるぼくの目の前でもおじいちゃんの手を握って泣いたり笑ったりするほどの甘えん坊になってきました。

まぁ、見ていると微笑ましいといえばそうかもしれませんが、最近はどんどん悪化していっているように思えてしょうがありません。

体が思うように動かないおじいちゃんとおばあちゃんは、介護入浴を要します。赤の他人である女性が、自分の旦那の陰部を洗ったりすることに非常にいらだち、精神的に不安定になるわけです。

こうなってしまうとまわりにいる人間でも落ち着かせることはできなくなります。

 

 

まわりは戸惑い、モヤモヤとした雰囲気に

認知症になったおばあちゃんは、ちょっとしたことで落ち込みやすくなって正常な判断ができなくなり、軽いパニック状態になることがあります。

一回は、胸が苦しくなって救急車で運ばれることもありましたが精密検査の結果、具体的な要因については分からないとのことでした。

もちろん救急車で運ばれたことも病院からの帰りにはすっかりと記憶の中から抜け落ちてしまい呑気なものでした。

その他にも、自分の思い通りにいかないことが起きたときなんかは、体を大きく揺らしながらまるで子供のようにダダをこねることも多くなってきたんです。

こうなってくると息子であるぼくの父や兄弟なんかもモヤモヤとした雰囲気に…。自分の息子に向かって「鬼!!」なんて言っているおばあちゃんを見るのは非常につらいものがありますが、それも仕方のないこと。

なにもかもが空回ってしまって、うまくいかないこの状況はおばあちゃんにとって本当に大きなストレスなんでしょうね。優しい気持ちだけではうまくいかないのが正直なところです。

いつだって仏のように優しい接し方ができる人なんてきっといないはず。言ってはいけない「さっきも同じこと言ってたでしょ!!」「何回も言ってるじゃん!!」なんて心無い言葉が出てしまうことだってあります。

そのあとに必ず後悔してしまうのは、まるで育児のようなもどかしさ。

 

開き直って考えてみる

ぼくは86歳になるまで元気でいてくれたおばあちゃんのことが大好き。

落ち込んだり、パニックになって目を逸らしたくなるようなときだってしょっちゅうあるけれど、無邪気な笑顔でまわりを明るくしてくれるおばあちゃんが誇りでもあります。でも本当の誇りはおじいちゃん。

どんな時でもおばあちゃんの近くにいて、尽くし、愛情の全てを捧げるおじいちゃんを見ていると、老後の夫婦のあり方は今まで二人がどうやって寄り添って歩んできたかがよく分かります。

そう考えると本当に理想の夫婦像!いまだに同じベッドで寝るし、おばあちゃんがおじちゃんの肩に寄りかかりながらテレビを見ていたりもします。若干重そうですがw

そう考えると、この歳まで二人仲良く、元気に過ごせたことに心から感謝しているし、本当にうれしい!できることならこの生活がずっとずっと続くことを祈っています。

 

 

おばあちゃんを元気にする方法

今では環境が整いはじめ、おばあちゃんの精神もだいぶ安定するようになってきましたが、それでもたまにひどく落ち込んで「早く死にたい…」とか「死ねっていうことなんでしょう!」なんて言うときがあります。

自分の家族の口から「死にたい」なんて言葉を聞くのは誰だって嫌なはず。忘れることも多いし、体も思うように動かないけれど、どんなときでも家族には元気に笑っていてほしいものです。

でもおばあちゃんを元気にするのって結構難しいんです…。

耳も悪いし、人の話を聞こうとしませんからねwこんな時ぼくがおばあちゃんを元気にする方法を紹介してみます。もしかすると参考になるかも!

 

おばあちゃんも一人の女だ!

いや、もちろんそうなんだけど…wそうじゃなくて家族だとどうしても女心を分かろうとしないですよね?

乙女になっているおばあちゃんだからこそ、どうして落ち込んでいるのかをしっかり分かってあげて「そっかそっか、そうだったんだね、よしよし」としてあげます。

話を聞いてみるとおじいちゃんの態度が冷たいだとか、心配してくれないなんていう小さなことが原因だということも結構あります。

そんなときは完全に夫婦間の問題なのでおじいちゃんにこうしてあげたら?っていうアドバイスをするだけ。おじいちゃんが優しく話しかけたりすると安心してニコッとおばあちゃんは笑いますwいや~、愛の力はすごいっす…。

 

揉む!揉みまくる!

揉みしだいてやります!!w肩を何も言わずにマッサージしてあげるとすごく喜んでくれるんですよね。孫だからとかじゃなくて、自分にしか分からない悩みを誰かに分かってもらえるのってうれしくないですか?

「うわ~!ここすごく凝ってるねぇ!」なんて言うと「そうなのよ!」とめちゃくちゃ喜んでくれます。共感してくれるところを見つけることで、話が盛り上がって少しでも元気になるきっかけが作りやすくなるんです。

心配している気持ちって見た目だけじゃなかなか分からないけれど、マッサージってすごく分かりやすい愛情表現です。試してみると思わぬ反応が待っていると思いますよ!

 

気にせず世間話をする

落ち込んだことばかりに焦点を当てていてもまったく前向きにはなれません。だから敢えてこちらから話題を全く違う方向に持っていってみます。どんなことでもOK!

そしてできることならこっちが楽しそうに話せる内容だとさらに効果があります。例えば、夫婦喧嘩をしているときにひたすら沈黙っていうのはなかなか仲直りしにくいものですよね?

そこは敢えて、何事もなかったかのように話しかけてみることで元気になるきっかけを与えることができるかもしれません。小さな希望でもいいんです。

一瞬だけでも笑ってくれれば、きっかけが掴めちゃいますからね。空気を読まずに一人で盛り上がっちゃうと逆効果になるので注意が必要ですw

 

とにかく安心させる

ぼくのおばあちゃんが落ち込んでいるときのほとんどが「不安」からくるもの。認知症でいろんな不安がおばあちゃんにはあります。

こればっかりは話を聞いてあげることしかできませんが、話を聞いてあげることで少しでも不安を解消することができるものです。

話し疲れるまでたくさん話を聞いて笑顔で最後に「大丈夫だよ!」の一言をかけてあげましょう。自分が不安で落ち込んでいるときにはできるだけ、まわりの優しい声を聞きたくありませんか?ぼくはそうです。

だから落ち込んだ人がいたときには自分がしてほしいと思ったことをしてあげます。

 

たまには放っておく

元気になってもらいたくて干渉しすぎることはよくありません。正直、ぼくも何度か余計なお世話をしてしまったことがあるし、逆に落ち込ませてしまう結果になってしまったことも…。

どうしても自分にはどうしようもないっていうときは、余計なひと言は言わずにそっとしておいてやりましょう。時間が解決してくれる気持ちの問題も結構あります。

そんなときは、時間に任せてみるのも大切。ゆっくり考える時間って誰にでも必要ですもんね♪

 

 

さいごに

認知症になるとまわりの環境もガラッと変わってしまいます。これはぼくが経験したこと。まさか自分の家族が…なんて思っていたけれど、なってしまったものは仕方がありません。

どうすれば、おばあちゃんのストレスを軽減させてあげられるか。どうすればおじいちゃんの負担を減らすことができるのか。最近はそればっかり考えている気がします。

認知症の家族にいつも通りのやさしさで接するためには、いつも通りの精神的余裕が大切です。焦ったって、悩んだってどうしようもないことだってあります。

ぼくもおばあちゃんにとって最高の環境となるようにいろいろと工夫してみるつもり。だらだら日記のようになったけどすみませんwそれでは!

 - 健康, 暮らしと生活, 雑記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

いまどき料理も作れない男はあり得ないっしょw料理は女の仕事?その小さなプライドをぶち壊します

亭主関白にはまずなれないseikatu-chie.comチームリーダーぜんです! …

どうして虐待されるのか理由を知りたい?親に叩かれたり、暴言で傷つくあなたたちへ教えてあげる

「虐待される理由」「親に叩かれる」なんてキーワードでこの記事に辿りついた人もいる …

わざと時計の時間を早めにするのに意味はない!ゆとりを持つたったひとつの方法

一番嫌いな時間帯は午後の四時過ぎ!seikatu-chie.comチームリーダー …

足のむくみがひどい!立ち仕事の悩みを解決するための3つの方法

立ち仕事をしているとどうしてもパンパンに張ってしまう足。女性にとって足のむくみは …

話をして嫌われる人の特徴と会話のコツ!この3つに気を付ければあなたに不幸は訪れない

目次0.0.1 あなたに読んでほしい記事1 自分にとってメリットのある話をする相 …

マリカーの曲がり角で体ごと傾ける人はスマホを使いこなせない!これは真理である

マンマミーア!!seikatu-chie.comチームリーダーぜんです!あなたは …

女性の尿漏れの原因と対策!くしゃみや咳で「あッ!」

あなたは咳をしたり、思いっきりくしゃみをしたときに「あッ!!」と尿漏れを経験した …

西銀座チャンスセンターで宝くじ購入代行!ドリームウェイは当たる?

買っても当たらない、買わないとあたらない…よくこんなこと言いますよね!もしも宝く …

【画像】おそうじ本舗の口コミ!実際にエアコンクリーニングしてもらいました

暑い夏がやってきました!seikatu-chie.comチームリーダーぜんです! …

驚き!食材のまとめ買いを絶対におすすめする3つの理由と上手な買い物の仕方

あなたは毎日の食卓に並ぶ料理の材料の買い物はどうしていますか?毎日買い出しに行く …