seikatu-chie.com

生活をいまよりちょっとだけ楽しくしたい。そんなお手伝いができたらステキやん。

はじめての保育園。泣く子供への罪悪感は悪か正義か?悲しみ狂うママたちへ

      2016/04/08

育児でのおすすめ記事

なにげない日常の幸せを見つめる事。それは漠然とした恐怖を抱え込むこと。

子供の「できた!」に無関心の親立ちへ!子供の一番かわいい瞬間を見逃してる

息子が小さいクモを見つけた瞬間にとった反応がかわいい!でも複雑な気分なのはなんで?

昨日書こうと思っていた記事ですが、いろんなトラブルが続いてやっとの思いで書いているseikatu-chie.comチームリーダーぜんです!

今日から妻は仕事復帰!三年間の育児休暇を経て、仕事へ戻ることができました。仕事復帰を長い間楽しみにしていた妻ですが、この日が近づいてくると、どうも様子がおかしい。

それもそのはず!三歳の息子が保育園に通うようになるからです。今まで、三年間毎日片時も離れず成長を見守ってきた妻は、息子を保育園に預けることへのちょっとした罪悪感を感じていたみたい。

慣らし保育で涙目になりながらママの足にしがみつく我が子がかわいそうだという思いは育児をしてきた誰しもが経験してきたことなのではないでしょうか。

これから自分だけの自由な時間ができ、育児だけに追われる日々から解放される喜びと安堵感。それとともに、子供が窓の外をじっと眺めてママまだかなぁ…なんてことを思っているんじゃないかという不安感で押しつぶされそうになりますよね…。

ぼくも保育園に通う息子のことが心配でたまりませんwケガしないといいな…。みんなと仲良くなれるかな?ちゃんと給食食べてくれるかな?いろんな不安が頭をよぎってしまいます。あなたもそんな不安ありますか?

めちゃくちゃ不安ですよね!誰かに相談しても必ず出てくる言葉は「そうやって成長していくんだもんね~、心配することはなにもないよ!」ということばかり。

でも心配することも不安になることも悪いことじゃないと思うんです。だってめちゃくちゃ不安じゃん!(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

 

悲しみの大きさは親子の愛の大きさ

はじめての保育園で、子供を預けてその場を後にする瞬間ってすんごくつらいものだと思うんです。今までなら悲しんだ瞬間にそっと手を差し出してあげていたのに、悲しむ姿に背を向けてお別れしなくてはならないのですからね。

まるで一生会えないようなそんな悲しさ。でもその悲しみが大きければ大きい程、今までどれだけ子供に愛情を注いで大切に育ててきたかっていう証でもあるんです。悲しみの大きさは、親子の愛の大きさ。

悲しみを感じた瞬間に、今まで良い育児をしてきた証なんだと思ってみると少し気が楽になるかもしれませんね。今までの育児の苦労は誰にも理解されないことが多かったという人だって多いと思います。

ぼくも妻の苦労は誰よりも理解しているつもりですが、ずっと妻の側にいたわけではありません。

睡眠不足の中、「どうして泣くの!?」というイライラする気持ちを抑えながら、必死に愛情を注ぎ続けたママ。これだけ大変だったという気持ちをうまく伝えられずにモヤモヤするママ。戦場のような育児がやっと落ち着いた頃にノコノコ帰ってきて「お利口さんだねぇ、かわいいねぇ」と何も知らずに行ってしまう旦那への不満。何も理解していないんじゃないかという苛立ち。

もう本当にいろんな思いがたくさんたくさんあったと思います。それでも、保育園に預けることになった今、こんなに悲しくて寂しいのは、誰にも負けないぐらいの素晴らしい育児をしてきた証。本当に胸を張るべき瞬間。

それだけの信頼関係があるからこそ、ママの側を離れたくない!行かないで!と子供は思うんですよね。本当に今まで妻はぼくの知らないところでも努力や工夫をしてきた最高のママであり妻です。

 

育児カテゴリの人気記事

育児ノイローゼの原因と克服方法を知って10倍育児を楽しむ方法

二歳の息子とひとつ下の妻と共に歩む。子供の成長で嬉しかったたった5つのこと

過ぎた子供との時間は取り戻せない。起きてほしくないけどちょっと起きてほしい小さなパパの気持ち

 

 

知らない間にできるようになっているということ

これから息子は、ぼく達二人が見ていない時にいろんな経験をしていくはずです。泣いたり笑ったり怒ったり…。人との距離感をまだ知らない息子はたくさんの「気持ち」と出会うことになるでしょう。

できないことができるようになったりもするはずです。そんな瞬間を見れないのは本当に寂しい気持ちはありますが、それが成長するということ。

これからちょっとずつ離れたところから見守っていかなければならないという責任感がぼくの心をギュッと握りしめてしまいます。男として本当にいろんな経験を息子にはしてほしい。

自分の力で誰かを守って、自分のやさしさで誰かを慰めることができるようなたくましい男の子に育ってほしい。これからが本当のパパの仕事なのかな。

息子をしっかり見守って妻の手を取り、しっかりと足跡を残しながら歩んでいきたいと思います。

 - 夫婦, 育児

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

致死率30%!?マダニ感染症って何!?SFTSの症状と感染予防

最近よく耳にするようになってきたマダニ感染症をあなたはご存知ですか?暑くなりはじ …

子供がいる我が家のムカデ対策!あなたは間違った対処法してませんか?

虫が大の苦手seikatu-chie.comチームリーダーぜんです!我が家には大 …

産後抜け毛がひどい!いつからいつまでがピーク?カラーや髪型対策まとめ

あなたは産後の抜け毛や薄毛に悩まされていませんか? 慣れない育児で毎日ストレスだ …

子供は成長しているけれど、親であるあなたは成長してると思いますか?いや真面目に。

目次0.0.0.1 人気記事1 子供の成長は親の成長2 すべてが初めてだらけの赤 …

子供が食べ物をのどに詰まらせた時の緊急対処法!原因はあなたのせいかも

※緊急の場合、この記事を見る前にすぐに119番に電話! 小さい子供が頑張ってご飯 …

二歳の息子がいまだにママを言わない3つの理由と原因!

目次0.0.1 育児で悩むあなたにおすすめ1 二歳の息子が話せる言葉1.0.1 …

2歳の子供が大喜びするたかいたかいの3つのコツ!子供との遊びはアホになれ!

目次0.0.1 おすすめ記事1 たかいたかいの3つのコツ1.1 ⒈ カウントダウ …

二歳の息子がテレビを見て悲しそうにしてる!子供とテレビのあり方

目次0.0.1 こちらもぞうぞ!1 血だらけの暴力的シーンを見た息子2 テレビか …

育児中の「もしかしたら」は子供の命を守る!子供を危険から遠ざける親の考え方

目次0.0.1 今日の人気記事1 「もしかしたら」は誰にでもできる未来予測1.1 …

なにげない日常の幸せを見つめる事。それは漠然とした恐怖を抱え込むこと。

目次0.0.1 おすすめ記事1 なにげない日常は幸せなもの2 漠然とした恐怖2. …