seikatu-chie.com

生活をいまよりちょっとだけ楽しくしたい。そんなお手伝いができたらステキやん。

赤ちゃんのためにはエアコンとストーブどっちがいいの?

      2018/06/13

ご機嫌の赤ちゃん

赤ちゃんが生まれてはじめての冬ってすごく不安ですよね。寒い冬を乗り切るためにはエアコンを使うべきか、それともストーブを使うべきか悩んでいるご家庭も多いと思います。

ここではエアコンとストーブ赤ちゃんの育児にはどっちがいいのか?ということについて紹介します。

※以下の記事ではエアコンを業者に頼ることなくキレイに掃除することについて紹介しています。乾燥する季節はカビが飛沫してしまいやすい時期なのでこまめな掃除を心掛けましょう。

関連記事
エアコンを自分で掃除する方法

エアコンを使うデメリットとその対処法

エアコンを使うデメリット
エアコンは一番手軽に部屋を暖めることができる暖房器具ですが、デメリットも多くあります。もっとも大きいデメリットはとにかく乾燥してしまうということ!

赤ちゃんにとって乾燥はとても良くないデメリットのひとつです。

乾燥による乾燥性湿疹や、口の中の水分が奪われることで淡がでてしまうようになることも。乾燥はエアコンに限らずストーブなどにも言えることですが、エアコンの場合はとくに乾燥しやすいので注意が必要です。

エアコンによる室内の乾燥を防ぐには空気清浄機と加湿器が一緒になったタイプのものがおすすめ。

ウイルスなどが飛散しやすくエアコンのカビなども吸着してくれるため快適な室内を保ってくれます。

 

エアコンの乾燥を防ぐには加湿が大事

乾燥を防ぐには
エアコン最大のデメリットである乾燥を防ぐためには加湿することが大切!洗濯物を室内に干してあげたり、濡れたバスタオルをエアコンの前に干してあげることで乾燥を防ぐことができます。

またこの時期は部屋が乾燥しているのかどうかをしっかり把握する必要があるので、室温計を設置するようにしましょう。

とにかく赤ちゃんのための乾燥対策が最優先です。

冬にあかちゃんが快適な温度は22℃、湿度は40~60%が目安です。

関連記事
赤ちゃんが快適なエアコンの設定温度【冬編】

 

ストーブの種類別!エアコンとの比較

ストーブのある室内
ストーブとひとことで言ってもいろんな種類がありますよね?それぞれに特徴があるのでこの機会に育児に向いたものを選んでおきましょう。

灯油ストーブ

灯油ストーブは昔から使われているタイプのもので、室内を暖める効果が非常に高いのが特徴です。

ストーブの上にやかんなどを置いておけば加湿することもできますが、ハイハイ期である赤ちゃんには火傷の心配も。

安全のための柵を設置することで火傷をする心配もなくなりますが、一酸化炭素中毒になってしまう恐れもあるためこまめな換気が必要です。

電気ストーブ

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)は局所的な暖房効果しかないため部屋全体を暖める効果はありません。

また赤ちゃんに倒れてきてしまったりすると大火傷の原因にもなってしまうため育児をするご家庭ではあまりおすすめできません。

ファンヒーター

灯油を入れて使うタイプなので通常の灯油ストーブとあまり効果は変わりませんが、火元がしっかりと囲まれておりヒーター上部が高温になることもないので灯油ストーブに比べると比較的安全な暖房器具です。

ただ、これも同じく柵をしっかりと使用することが大切で換気もこまめに行わなければなりません。乾燥については灯油ストーブ程湿度が下がることはありませんがしっかりと加湿するようにしましょう。

オイルヒーター

オイルヒーターは内部に入ったオイルがじんわりと暖かくなることで部屋の温度を上げてくれる暖房器具です。触っても比較的安全で、一酸化炭素中毒になる必要もないのでこまめな換気も必要ありません。

また乾燥することもないため育児向きの暖房器具です。ただ、暖まるまでには時間がかかり、電気代も高くなってしまうので使うべき時を選ぶ必要があります。

 

赤ちゃんにはエアコンとストーブどっちがいい?

気持ちよく眠る赤ちゃん
もっともおすすめな方法は『エアコン』と『オイルヒーター』の活用です。

エアコンは火傷の心配もなく、一酸化炭素中毒になることもないとても安全な暖房器具ですが室内が乾燥するので日中に加湿器や空気清浄機と合わせて利用することで部屋を安全に暖めることができます。

そしてオイルヒーターは乾燥することがなくタイマー式で停止することができるので就寝時の暖房器具としておすすめ!

寒い室内を暖めるには時間がかかってしまいますが、エアコンで一度暖まった部屋を保温する目的での使用であれば電気代もそこまで心配する必要はありません。

 

まとめ

赤ちゃんにとって寒い冬を乗り切るのは親であるパパとママがいないとできないこと。

風邪をひかないようにやさしい環境で温度をコントロールしてかわいい我が子を守っていきましょう。

 - エアコン掃除, 掃除, 育児

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

なにげない休日はかけがえのない時間!2歳の息子の笑顔と妻の笑い声は僕が生きている証

あなたにおすすめの記事 ・二歳の息子とひとつ下の妻と共に歩む。子供の成長で嬉しか …

お掃除機能付きエアコンなのにカビ臭い!知らなきゃヤバい真実

エアコンを購入するときにわざわざエアコンクリーニングを頼まなくてもいいし、面倒く …

パパ必見!あなたは子供の前でイライラしたり疲れた表情していませんか?

パパに読んでほしい記事 ・なにげない休日はかけがえのない時間!2歳の息子の笑顔と …

子供のおならが大好き!二歳の息子のおならは幸せのラッパ♪

これもおすすめです ・妻が色気づいた!育児で疲れ切った妻のうれしい変化 ・二歳の …

赤ちゃん向け!梅雨時期のエアコンの使い方と注意点!

毎日雨ばっかり!梅雨って本当に嫌になっちゃいますよね。蒸し暑い環境だと洗濯物も乾 …

赤ちゃんにエアコンは必要?つけないとダメな3つの理由

生まれたばかりの子を持つご家庭で悩みがちなのは、エアコンって赤ちゃんにとって必要 …

それでなにかが変わるの?自分の子供を他の子と比べてしまっているあなたへ

育児で悩むあなたへ読んでほしい記事 ・三歳の息子の成長!卒乳できていない!ママも …

赤ちゃんのあせも対策!特徴と原因を知ればぶつぶつ発疹はこわくない

  これから徐々に暑くなってくると心配なのが、赤ちゃんのあせもです。毎 …

おそうじ本舗の苦情!?エアコン掃除におけるクレームとは

エアコン掃除を業者にお願いするときってできるだけ信頼できるところにお願いしたいで …

暑い夏!犬のためにエアコンはいつからつけるべき?知らなきゃ危険な留守番時の設定温度と注意点

暑い夏、かわいいワンちゃんが留守番をしてくれるときに気を付けたいのがエアコンです …